ベトナムの製造業で転職を成功させるために覚えておきたいこと

ベトナムの製造業は、中国の物価上昇と外資系企業への冷遇からチャイナプラスワンと言われ、中国から近隣の東南アジア諸国へ製造業の拠点が移ってきたことにより、日系企業をはじめとして多くの外資系企業が進出をしています。
この流れは、一度止まったかのように思われましたが、タイの不景気、カンボジアの交通の便の悪さなどから、また加速しているように思われます。
製造業のベトナム進出はまだまだ増えると見込まれており、また新しい工業団地の建設や自治体などによる誘致活動が行われています。
将来的に見てもベトナムにおける製造業の雇用は技術者を含めて増えていくことが予想されています。

ベトナムの製造業で転職を成功させるために覚えておきたいことをまとめました。

その1、年齢について
ベトナムの製造業にて募集される年齢は日本で俗に言われる35歳までということはほとんどありません。”ほとんど”といった理由は、技術職希望で未経験となると、やはり35歳までとなります。しかし、未経験でなければ、年齢はあまり気にする必要はありません。また技術職(特に金型関連やインジェクションモールド・プラスチック成型)は、日本で定年を迎えてからでも転職することは可能です。給料は気にせず手当程度でも良いとされる方なら、技術指導というポジションで70歳を越えている方がおられます。

その2、未経験からの転職
未経験からの転職の場合は、日本でもらっていた給料よりも下がることは確実です。こればかりは避けられません。日本よりも物価の低い東南アジア地域(ベトナムやタイ、カンボジアなど)での転職は、経験者であっても給料が下がることが多いですので、未経験となると下がるという覚悟はしておいてください。
しかし、ベトナムは物価が低いので、奥さんや家族が居ない場合ですと夜遊びだけしなければ1ヶ月1500ドル(未経験で日本人の場合、給料相場は1500ドルスタートが多い)で家賃・生活費・光熱費などを払っても月に300ドル以上を貯金することが可能です。特に大手の製造業に入社すれば、ランチは工場内の食堂で済ますことが出来るため、貯金額はもっと増えると考えられます。

その3、未経験職種への転職
製造業の経験があっても、未経験職種への転職をする場合、年齢が高くなければ採用される可能性は高いです。年齢が50歳を越えてくると、新しいことを覚えることや作業上体力的に難しいと採用をしてくれる企業様が考えられることが多いため、未経験職種への転職は50歳までだと思います。ただ営業や事務方の仕事に関しては、会社方針次第で採用されることがあります。

その4、収入アップを期待した転職
製造業において収入アップを期待して転職する場合、最低条件として希望転職職種の経験があることです。
しかし、製造業において日本からベトナムへの転職は、引き抜きやヘッドハンティングを除くと収入アップをさせるのは難しいです。それは、先述の通りベトナムは日本よりも物価が安いことが理由としてあげられます。
ただタイやカンボジアなどの東南アジアからベトナムの製造業へ転職をする場合は収入アップが期待できます。理由として、同じ東南アジアではシンガポールを除けば物価の違いは大きくないことがあります。

その5、役職を上げるための転職
東南アジアの中ではベトナムは好景気な国の一つです。また日本人というだけで管理職になれる国でもあります。そのため、役職を上げるための転職を成功させるには向いている国だと言えます。ただ、日本から直接ベトナムへの転職で役職を上げるとなると、とても大きな苦労が必要なことは覚悟しておいてください。日本でも、転職時に役職を上げると前職よりも大きな期待やプレッシャーがかかります。これが、海外、ベトナムになると、下についてくるのがベトナム人になりますので、日本人とは生活習慣や考え方、言語などが違うので大変です。そのため、ベトナム人の出勤管理や技術指導のポジションであれば良いですが、そうでない場合は覚悟を決めてからの方が良いです。

その6、外資系企業への転職
外資系企業への転職は日系企業と比べて語学というハードルがあります。日系製造業の場合、事務方でない限り英語やベトナム語を必要としません。しかし、外資系となると、英語が最低限必須です。また文化や価値観、仕事のやり方などが違うため、中高年から外資系企業への転職ですととても大変だと思います。しかし、語学力に自信がある20代・30代であれば、日本とは違う環境でいろんなことを吸収できるので凄いチャンスだと思います。

その7、転職回数
ベトナムにある日系企業の場合、転職回数が多いと嫌われがちです。毎回の転職した理由を聞かれます。しかし、面接時に転職ごとの理由が明確に説明することが出来れば、クリアになるケースもあります。ただ書類段階で落とされることもあります。

その8、転職サイト・転職エージェントの見つけ方
ベトナムにおける製造業への転職の場合、経験者と未経験者では新しい就職先を探す方法は大きく異なってきます。未経験の場合は、転職サイトなどで”未経験可”という求人情報を見つけ直接応募すれば良いですが、経験者の場合は違ってきます。経験者の場合は、会社によって経験出来ることが違ってきます。転職サイトで運良く同業他社の同じポジションを見つけることが出来ればスムーズに転職が出来ますが、正直そんなにスムーズにいきません。
そこで役に立つのが転職エージェントです。日本国内の転職であれば大手の名の知れたエージェント会社に任せれば良いのですが、日本で有名なエージェント会社の多くはベトナムではまだまだ無名か小さいところが多いです。それは、進出してきてまだ2、3年というところばかりです。
製造業の求人担当者は、10年前後前からベトナムに来ている人が多く、日本では無名でもベトナムに古くからある人材紹介会社やエージェント会社の方が関係を築いてます。互いに良く知っていることから、表面的なことだけでなく込み入ったことも相談に乗ってくれたり対応してくれたりします。
このことからもわかるように経験者であればあるほど、ベトナムに古くからある人材紹介会社を利用することが良いです。また古くからある人材紹介会社には製造業を担当するエージェントや製造業に詳しいエージェントがいるので、最適な職場を見つけてくれます。募集が行われていなくても、日系製造業との関係から推薦してくれ転職を成功するということも良くあります。

ベトナムにある人材紹介会社を紹介します。
製造業への転職を成功させるための人材紹介会社 キャリアリンクベトナム
AGSリクルートメントなら製造業への転職が出来ます

その9、給料交渉
転職時に給料交渉を行って良いと思っている人が多く見られますが、日系企業の場合はあまり良く思われないです。しかし、人材紹介会社を利用すると代わりに交渉をしてくれるので悪い印象を与えることなくスムーズに運びます。

その10、転職に有利な時期
日本ですと5月や10月などと言われますが、ベトナムの場合は特にありません。ただ1月・2月はベトナムの正月があり10日前後の長期休暇があるため、製造業にとっては慌ただしくなりがちです。そのため、この時期だけは外した方が良いです。

製造業の仕事にはどのような職種があるのかを説明します。

製造業に就職する際に覚えておきたい製造業の仕事について、どのような職種があるのかを説明します。
ただ同じ製造業であっても、会社によってはあるものとないものがあります。

製造

製造機械や工具などを使って製品を製作するポジションとなります。工作機械や射出成型器などのオペレーターや溶接技師などが該当する職種となります。専門的な技術や資格が必要なポジションになるため、ベトナムなどの海外では未経験からの転職は難しい職種となります。ただ給料は高めに設定されていることが多いので経験が有る人にとっては、良いポジションだと思います。

軽作業

比較的単純な作業のことで、上述の製造ポジションの人の補助的な作業を行うことがあります。専門的な知識や資格が必要ないため、未経験からの転職機会があるポジションとなります。軽作業のポジションから製造や後述する生産管理などの仕事をさせてもらえるようになってくるので長く働くことを考えている場合は良いと思います。

品質管理

製品の外観チェックや梱包、ラベル貼りなどの仕事をするポジションです。比較的身体の負荷がない職種なので、女性も働いています。また慣れるまでに時間がかかりますが、業種によっては専門的な資格や経験を必要としないことも多いです。そのため、年齢が若いということが条件になってきますが、未経験でも転職機会が多いポジションでもあります。募集を見かけたら挑戦してみるのも良いと思います。

生産管理

製品や材料などを管理し製造工程の計画や出荷を担当する職種です。会社の規模によっては製造を兼業することもありますが、倉庫管理などの事務職を兼業することが多いです。特別な資格や経験は必要とされませんが、製造工程などを理解する必要があるため、未経験での転職は意外にも少なく、どちらかというと経験者の方が転職しやすいです。

倉庫管理

材料の在庫などを管理する職種です。生産管理と兼業することや、生産管理の一部の仕事をすることもあります。生産管理同様に専門的な資格や経験は必要とされませんが、フォークリフトの免許が必要な場合もあります。

輸出入

海外へ出荷するためのコンテナなどの調整を行います。日本勤務の場合、あまり見られないポジションですが、ベトナムなどの海外となると製品を日本本社へ出荷するという会社が多いです。そのため、輸出入の知識やコンテナなどの調整、出荷管理を行うポジションが必要となります。製造業未経験でも問題ない職種ですが、英語などの語学力が必要となってきます。

以上が大まかな製造業の職種となります。ここに記載しなかった仕事では経理などの事務系の仕事もあります。会社運営というポジションもありますが、会社によって異なるので記載しませんでした。

製造業の種類

製造業に転職するといっても、製造業にはどういったものを作るかを知らないといけません。
そこで製造業で主な業種から、それぞれどのようなものを作っているかを紹介致します。

食料品

食料品の製造業には、食品加工が有名だと思います。他にはコンビニの弁当や惣菜、パンやお菓子、缶詰などを作っています。とりわけ海外になると、弁当や食材は減りますが、日本向けの冷凍野菜や冷凍魚類などが増えてきます。
海外での転職ポジションとしては管理者を雇用することはあるようですが技術者の雇用は少ないよう感じます。作業としては単純な手作業もしくはロボットや機械になることが多いからだと思います。単純な手作業は現地スタッフの賃金が安いため、そこに日本人を雇うことはありません。

縫製製品

繊維を原料とする製品で衣料品などが有名です。こちらも食料品と同様に海外では技術者の雇用は少ないようです。しかし、繊維や生地に関する知識のある人や、品質管理などの出来る人が重宝されるようで、東南アジア地域での転職であっても日本よりも給料が高くなることが多いですが、異業種からの転職は難しいです。

パルプ・紙

紙製品としては、製紙から紙食器、トイレットペーパーや生理用品なども含まれます。紙の資源となる木が取れる地域か、そのような地域の近くであれば仕事はあるようですが、海外では少ないです。
紙袋などの包装品は、少しでも単価を下げるために東南アジア地域に進出しているようです。バリバリの技術者よりは品質管理などが出来る事務よりの人が求められる傾向があります。

化学

医薬品や化粧品、塗料などを製造します。特殊な知識が必要とされるので技術者などは現地採用での雇用をしていないです。ほとんど日本からの駐在になり、現地で雇う場合は現地スタッフとなります。ただ内需を考えられている会社では、営業を募集していることはあるので、技術的な経験がありコミュニケーション能力が高い場合は探してみるのも良いかと思います。

石油・石炭製品

石油を精製する工場や購入した原料を加工して油やグリースを製造する工場などが、これに当たります。
化学系同様の理由から営業職の現地採用はあっても技術者の募集はあまり見かけません。

ゴム製品

ゴムやタイヤ、チューブなどを製造しています。

ガラス・土石製品

ガラス製の食器や容器を製造しています。

鉄鋼・非鉄金属

製造業のイメージはつきにくいですが、これも製造業です。

金属製品

金属でできているもの。刃物や工具から自動車部品に至るまで金属で出来ているものは多いです。海外での転職先としては、金属加工業が多いです。特に自動車部品の製造業での募集が多く見かけます。また技術者雇用としては、この業種が群を抜いて多いです。金型やプレス加工の知識や経験を持っていれば転職の機会は多く、待遇面にも期待できます。

機械・電気機器・精密機器

機械や電気機器の製造をします。製造業がなくならない限り、必要な業種です。

輸送機器

自動車やバイク、船舶などの人やものを輸送するのに欠かせない製品を製造します。輸送機器の製造業は海外進出している企業が多いため、海外では仕事が多いです。また駐在員が多いのも特徴です。輸送機器の製造業に携わっていて、海外で転職するとなると、品質管理を経験していると仕事を見つけやすいです。

プラスチック製品

輸送機器の部品やプラスチック容器などを製造しています。プラスチック成型などの技術や経験があると海外での転職には有効です。

製造業への転職する際に覚えておきたい良いことと悪いこと

製造業への転職する際に覚えておきたい良いことと悪いことをまとめました。

先ずは悪いことから記載します。

①キツイ・クサイ・キタナイの3Kがつきまとう。
基本的にどこの職場にいっても製造業は3Kから逃れられることは少ないです。
夏は地獄的なくらい暑く、冬は死ぬかと思うくらい寒いです。
ただ冬の寒さは服を着込めば何とかなりますが、夏は脱ぐと言っても限界があるので大変です。
気温・機械が発する熱・身体を動かした熱これらが相まって水分を取っても取っても出て行くという感じです。
ちなみに最初に働いていた会社では派遣社員を雇ったことがありましたが、毎回10時の10分休憩の時にギブアップして帰ってしまうということが何度かありました。

②腰痛や肩こり、腱鞘炎になることが多い
身体に負担をかけるような姿勢での長時間に及ぶ作業があったり、身体の一部分だけを集中的に酷使しなければいけないことがあったりするため、腰痛や肩こり、腱鞘炎になる人が多いです。症状の重さは人それぞれですが、軽度であっても慢性的な症状となることが多いです。

③太る人が多い
仕事中は肉体労働が多いので何もしないでも痩せていると思われがちですが、実際は太っている人が多い職場です。慢性的な腰痛や肩こりになる人が多いせいか、週末は運動をせずに休養に当てる人が多いようです。また勤務中に多くの汗をかくので夜の晩酌が進む人も多いと聞きます。このことから太る人が多いです。

④生命の危険や事故の危険が身近にある
作業する機械によって安全装置がハイテクになってきているため、最近では全然聞かなくなりましたが、私が大学を卒業して初めて就職した会社では年に何回か事故が起こっていました。相手は機械なので、少しの不注意でも大きな怪我になりかねませんでした。今までで一度だけ、命の危険が脅かされる事故を目撃しました。
そのため、オフィスで働く人と比べれば、生命の危険にさらされている仕事だと思います。

⑤出会いが少ない
3Kの職場なので出会いが少なく、プライベートな時間を使って積極的に行動を起こさない限り、女性との交際や結婚は程遠いものがあります。ただ大きな企業になればなるほど、女性が働く事務系のポジションもあるようです。

⑥賃金が安い
未経験で入社すると賃金が安い。
高卒の場合は15万円前後、大卒でも18万円前後のことが多いです。

続いて良いことは。

①勤務時間がしっかりしているので残業も少ない
朝8時から夕方5時までの1日8時間労働というところが多く、昼休みや10時や15時など適度な休憩時間を取れる。
繁忙期や期末は忙しくなり残業がありますが、基本的には残業がないことが多いです。
また体育会系のノリの従業員が多いこともあって、仕事終わりに飲む機会が多いので和気藹々とした職場が多いです。

②長期休暇が長めにある
お盆と正月、GWなどはオフィス系の仕事と違って休みが1週間単位であるので、GWと正月休みは2週間近く取れることがあります。ただ小さな工場や下請けになると大企業にスケジュールを合わせるので休み前に発注が多くなると休みが少なくなることがあるようです。

③各種資格を取得出来る、また取得するのに会社が協力してくれる
製造業の工場によっては資格を必要とする作業が伴うことが多く、会社より資格を取得するように言われる。その時は、会社が協力してくれるので、将来の転職活動をするときに非常に役に立つことがあります。
また自分のための資格にもかかわらず取得費用は会社が負担してくれるので、至れり尽せりです。

④結果が見えやすい
自分の仕事の結果が見えやすいのでモチベーションを維持しやすい。

以上、製造業への転職する際に覚えておきたい良いことと悪いことを紹介しましたが、製造業に少しでも興味を持っていただけましたか。

製造業について簡単にまとめました。

若ければ製造業へ転職することはメリットだらけだと前回の記事でお伝えしましたが、
やはり製造業へ転職をする方にとって製造業とはどんなものかを簡単にまとめました。

今回は、それらについて記載します。

私が製造業に就職する前に抱いていたことはキツイ・キタナイ・クサイと言ったイメージでした。
ただ私は工業高校出身で工業系の学部を出ているので製造業で就職するのが当たり前だった人です。
その私でも、イメージは決して良いものではありませんでした。
なので少しでも3Kから離れられそうなポジションにつきたく機械工学や自動化に関しての知識を広げていました。

ちなみにキツイ・キタナイ・クサイとは3Kと呼ばれることがあり、不人気の原因だと考えています。
日本でも慢性的な人手不足に陥りやすいのに、海外となると尚更ですよね。

ところで製造業の仕事のイメージってどんなものを抱いていますか。

一番多いのが「肉体労働」だと思いますが、「肉体労働」だけではやっていけません。
就職してから驚かされるのは、小さい工場でも大きな工場でも事務仕事が意外にも多いのに驚かされます。
事務仕事の主な例は、作業管理表の作成・記入、品質検査表の作成記入、提案書の作成、発表会や会議の議事録の作成など組織が大きくなればなるほど、事務仕事が増えていくと思います。
自営業でやっている町の鉄工所なら職人肌でもやっていけるかも知れないですが、会社組織でやっていくのであればコミュニケーション能力が以外と必要になってきます。社内の折衝だけでなく、工員への指示、顧客への説明など、コミュニケーションが問われることが多々あります。これには工業高校時代から誰もが知っている大手企業へ入社した友人でさえ、コミュニケーションで苦労したと聞かされました。彼は頭がよく手先が器用で、技術にも定評があったにもかかわらず、コミュニケーション能力で出世することが出来ませんでした。

ベトナムで働くなら製造業への転職が熱い

私が転職して技術指導でベトナムへ訪れ始めたのは13年前になります。
私が働いていたのは自動車部品などを製造するメーカーでしたので
その時は現地採用での日本人スタッフを探すのはとても大変でした。
しかし最近はベトナムに住んでいる日本人が多くなったので、日本人スタッフを探すのは以前よりかは簡単になりましたが、技術者となると話は別です。友人が住むタイであっても技術者を探すのが大変なようです。

ここからが本題です。

この記事にたどり着いた人は、転職を考えられているからか、私の他の記事を読んで頂いているかのどちらかだと思います。転職を考えられている人に向けて記載しますので、ここでは歴史の話はしません。

オフィスなどで働いている人が製造業への転職を目指そうとすると大変だと思います。
未経験で働ける場所もありますが日本ですと、現在の給料より下がることが多いです。
海外で転職先を見つけた場合も給料が下がるのは同じです。

しかし、一つだけ大きな違う点があります。

海外で働く場合、生活費も下がるということ。
製造業であれば、下手をすると海外と日本で同じ給料のからスタートすることがあります。
それは私が働いていた外資系企業も未経験での就職者は日本でも中国でもベトナムでも同じ金額でした。
理由として海外拠点の製造業では慢性的に人手不足になっていることが大きいです。

また慢性的に人手不足になっているということから
勘の良い人なら気づかれる人もいるかと思います。
そうです、慢性的に人手不足ということは長く働けるということです。

現在、20代や30代で転職を考えている人は
製造業への転職を考えられるのはいかがでしょうか。

*40代50代となると、未経験でも可能な求人案件が少なくなるので製造業へ転職するならば30代までだと思います。