勤務する日本語学校でクリスマス会をしました。

去る12月23日土曜日、私がベトナムで転職をした日本語学校のクリスマス会がありました。
自由参加制にも関わらず、多くの生徒に参加してもらえました。

私の勤める日本語学校のクリスマス会は、例年英語・ベトナム語が禁止となってるくらいで日本で行われるクリスマス会と特に変わりません。強いていうならば、今年は日本からの学生インターンシップでハノイに訪れている方々が日本のおとぎ話「さるかに合戦」の演劇を披露してくれたくらいでしょうか。

ちなみにベトナムはタイや中国の影響から仏教が多いのですが、意外にもキリスト教も普及しております。私のハノイの家の近くにはキリスト教の教会があるのですが、日曜日は道路にも人、人、人で溢れかえっていました。心なしか普段よりもミサや賛美歌のボリュームが大きかったように思えます。

例年、このクリスマス会が終わると、ベトナムの日本語学校はテトへ向かってカウントダウンが始まります。特に1年間コースの生徒さんをメインで請け負っている先生方は、次年度のカリキュラム作成などで大わらわになるのですが、2018年度の始まりはテトの影響で例年より遅く3月初旬からとなっており、ゆったりとされている印象です。
口を出さずにはいられない性格なので、仲の良い先生には「今年は手伝いませんよ」と話しております。