製造業の仕事にはどのような職種があるのかを説明します。

製造業に就職する際に覚えておきたい製造業の仕事について、どのような職種があるのかを説明します。
ただ同じ製造業であっても、会社によってはあるものとないものがあります。

製造

製造機械や工具などを使って製品を製作するポジションとなります。工作機械や射出成型器などのオペレーターや溶接技師などが該当する職種となります。専門的な技術や資格が必要なポジションになるため、ベトナムなどの海外では未経験からの転職は難しい職種となります。ただ給料は高めに設定されていることが多いので経験が有る人にとっては、良いポジションだと思います。

軽作業

比較的単純な作業のことで、上述の製造ポジションの人の補助的な作業を行うことがあります。専門的な知識や資格が必要ないため、未経験からの転職機会があるポジションとなります。軽作業のポジションから製造や後述する生産管理などの仕事をさせてもらえるようになってくるので長く働くことを考えている場合は良いと思います。

品質管理

製品の外観チェックや梱包、ラベル貼りなどの仕事をするポジションです。比較的身体の負荷がない職種なので、女性も働いています。また慣れるまでに時間がかかりますが、業種によっては専門的な資格や経験を必要としないことも多いです。そのため、年齢が若いということが条件になってきますが、未経験でも転職機会が多いポジションでもあります。募集を見かけたら挑戦してみるのも良いと思います。

生産管理

製品や材料などを管理し製造工程の計画や出荷を担当する職種です。会社の規模によっては製造を兼業することもありますが、倉庫管理などの事務職を兼業することが多いです。特別な資格や経験は必要とされませんが、製造工程などを理解する必要があるため、未経験での転職は意外にも少なく、どちらかというと経験者の方が転職しやすいです。

倉庫管理

材料の在庫などを管理する職種です。生産管理と兼業することや、生産管理の一部の仕事をすることもあります。生産管理同様に専門的な資格や経験は必要とされませんが、フォークリフトの免許が必要な場合もあります。

輸出入

海外へ出荷するためのコンテナなどの調整を行います。日本勤務の場合、あまり見られないポジションですが、ベトナムなどの海外となると製品を日本本社へ出荷するという会社が多いです。そのため、輸出入の知識やコンテナなどの調整、出荷管理を行うポジションが必要となります。製造業未経験でも問題ない職種ですが、英語などの語学力が必要となってきます。

以上が大まかな製造業の職種となります。ここに記載しなかった仕事では経理などの事務系の仕事もあります。会社運営というポジションもありますが、会社によって異なるので記載しませんでした。