開放の始まり

1985年にソ連ではミハエル ゴルバチョフ大統領が権力を持ち始めるとペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を断行し、急進的な革命の時代となりました。ベトナムでは、1986年に改革志向のグエン ヴァン リンが共産党書記長に就任し、ソ連に追随する形で、ドイモイ(経済刷新)をカンボジアで実験し、ベトナムに導入しました。ソ連による共産主義世界への関与の縮小は、遠く離れた前哨基地であるベトナムにも影響し、カンボジアの占領を維持するのが困難になったため、1989年にベトナムはカンボジアから撤退することを一方的に決めました。ベトナムにとって共産党の生き残りが国家としての命題であり、生き残るために改革が必要でした。
しかし、1989年の東欧の劇的な変化と1991年のソ連の崩壊の一連の動きは、ハノイ政府として受け入れられるものではありませんでした。ベトナム共産党は、東欧の民主化革命を「帝国主義者からの反撃」と呼び、ブロック国家に非共産党が入り込むことを非難しました。ベトナムは政治的な変革は無いままで、市場経済のみを受け入れることに決めました。資本主義が根付くのには時間がかかりましたが、今日のダイナミックなベトナムへの成長はホーチミンも想像できなかったかもしれません。

ベトナムの敵国であった米国との関係は、近年になって改善されました。1994年の初め、米国はついに1960年代から続いていた経済制裁を解除しました。米国との外交関係は完全に回復し、ベトナム戦争に参加しなかったビル クリントン大統領は、2000年にベトナム北部を訪問した最初の米国大統領になりました。ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟を支持するために、2006年にジョージ W ブッシュ大統領もベトナムを訪れました。
歴史的な敵国である中国との関係も改善されました。今でもベトナムは北部の隣人の影に怯えており、中国もベトナムを自国の反乱地域のように考えています。しかし、ベトナムの経済成長は北京の注目を集めており、また、ベトナム北部は雲南省と四川省から南シナ海への最速ルートでもあります。未来志向の協力は過去の戦争の記憶よりも重要です。
ベトナムはアセアンにも参加しました。アセアンは当初は共産主義に対する防波堤として設立された経緯がありますが、今ではベトナムはアセアンの積極的なメンバーであり、バラ色の経済成長をさらに押し上げようとしています。ベトナムの経済は年に8%以上成長しており、たくさんの観光客が訪れるようになりました。ベトナムの未来は明るいですが、最終的な成功は、ベトナムが中国の発展した道筋をいかに順調に追うことができるか、すなわち政治的自由化を伴わない経済自由化を成立させるかです。ベトナム人8000万人に対して、共産党党員は200万人であり、一歩一歩慎重に歩んでいく必要があります。

ベトナムの統一

勝利の翌日、共産主義者はサイゴンをホーチミン市に改名しました。戦後に起こった最初の変化でした。
1975年の北ベトナムの勝利は、南ベトナムだけではなく、北ベトナムにとっても突然訪れたため、ハノイ政府は社会経済システムがまったく異なる北と南の再統合に関して何も計画がありませんでした。
また、北ベトナムは文字通り国を破壊した残酷かつ長期にわたる戦争の遺産に直面しました。南北双方に戦後の苦しみと、途方もない数の問題がありました。戦争による損害は、どこに埋まっているのかわからない地雷や戦争に注力した結果、機能不全になるまで落ち込んだ経済、化学兵器によって汚染された土地、物理的・精神的にダメージを受けた国民など、平和の訪れと同時に戦争による多大な犠牲に対する対応にも直面しました。
1976年7月に正式にベトナムが統一されるまで、臨時革命政府が南ベトナムを統治しました。共産党は南部の知的階層を信頼していなかったため、南北統一への移行を管理するために北部から多数の幹部が南部に派遣されました。北ベトナムと共に戦った南部の関係者は、戦後に中枢から締め出される形となり、憤慨しました。
また、南部の社会主義への急速な移行は、経済に悪影響を及ぼす結果となりました。さらには、広範な政治的抑圧も行われ、前政権と結び付きがあった数十万の人々が、裁判を受けることもなく資産を没収され、再教育と称して強制労働収容所に投獄されました。数万人の事業者、知識人、芸術家、ジャーナリスト、作家、組合指導者、宗教指導者が恐ろしい状況に置かれることとなり、その中にはチュー政権と戦争の両方に反対していた人も含まれました。
その一方で、その経済政策とは対照的に、ベトナムは米国との和解を模索し、1978年にはワシントンとハノイの関係修復の時期が訪れようとしていました。しかし、中国とソ連の関係悪化に翻弄される形で、ハノイ政府はソ連の社会主義体制に取り込まれることになり、米国との関係修復は次の時代に先送りされることとなりました。
中国とベトナムの関係、そしてクメール ルージュと西側諸国との関係は双方ともに急速に悪化し、戦争に疲れたベトナムは再び悩まされることになりました。1978年3月になると反資本主義活動が始まり、民間の資産と事業が差し押さえられました。その犠牲者のほとんどは華僑であり、数十万人が難民や「ボート ピープル」となったため、中国との関係はさらに悪化しました。
一方、クメール ルージュによるベトナム国境地域への攻撃が頻発するようになり、ベトナム側も対応を余儀なくされ、1978年のクリスマスデーにカンボジアに侵攻しました。1979年1月7日にベトナムはクメール ルージュを駆逐し、プノンペンで親ハノイ政権を樹立することに成功しました。クメール ルージュに対するベトナムの攻撃を深刻な挑発と捉え、1979年2月に中国軍がベトナムに侵攻しましたが、17日間の戦いの後、撤退しました。
カンボジアをクメール ルージュから解放した後は、ベトナムによる支配と長期に渡る内戦が続きました。計画経済はベトナムの米農家の商業的能力を奪いました。今日のベトナムは世界有数の米輸出国ですが、1980年代初めまでは米を輸入していました。戦争と革命によってベトナムは身動きがとれなくなってしまい、急進的な方向転換が必要でした。

製造業について簡単にまとめました。

若ければ製造業へ転職することはメリットだらけだと前回の記事でお伝えしましたが、
やはり製造業へ転職をする方にとって製造業とはどんなものかを簡単にまとめました。

今回は、それらについて記載します。

私が製造業に就職する前に抱いていたことはキツイ・キタナイ・クサイと言ったイメージでした。
ただ私は工業高校出身で工業系の学部を出ているので製造業で就職するのが当たり前だった人です。
その私でも、イメージは決して良いものではありませんでした。
なので少しでも3Kから離れられそうなポジションにつきたく機械工学や自動化に関しての知識を広げていました。

ちなみにキツイ・キタナイ・クサイとは3Kと呼ばれることがあり、不人気の原因だと考えています。
日本でも慢性的な人手不足に陥りやすいのに、海外となると尚更ですよね。

ところで製造業の仕事のイメージってどんなものを抱いていますか。

一番多いのが「肉体労働」だと思いますが、「肉体労働」だけではやっていけません。
就職してから驚かされるのは、小さい工場でも大きな工場でも事務仕事が意外にも多いのに驚かされます。
事務仕事の主な例は、作業管理表の作成・記入、品質検査表の作成記入、提案書の作成、発表会や会議の議事録の作成など組織が大きくなればなるほど、事務仕事が増えていくと思います。
自営業でやっている町の鉄工所なら職人肌でもやっていけるかも知れないですが、会社組織でやっていくのであればコミュニケーション能力が以外と必要になってきます。社内の折衝だけでなく、工員への指示、顧客への説明など、コミュニケーションが問われることが多々あります。これには工業高校時代から誰もが知っている大手企業へ入社した友人でさえ、コミュニケーションで苦労したと聞かされました。彼は頭がよく手先が器用で、技術にも定評があったにもかかわらず、コミュニケーション能力で出世することが出来ませんでした。

ベトナムで働くなら製造業への転職が熱い

私が転職して技術指導でベトナムへ訪れ始めたのは13年前になります。
私が働いていたのは自動車部品などを製造するメーカーでしたので
その時は現地採用での日本人スタッフを探すのはとても大変でした。
しかし最近はベトナムに住んでいる日本人が多くなったので、日本人スタッフを探すのは以前よりかは簡単になりましたが、技術者となると話は別です。友人が住むタイであっても技術者を探すのが大変なようです。

ここからが本題です。

この記事にたどり着いた人は、転職を考えられているからか、私の他の記事を読んで頂いているかのどちらかだと思います。転職を考えられている人に向けて記載しますので、ここでは歴史の話はしません。

オフィスなどで働いている人が製造業への転職を目指そうとすると大変だと思います。
未経験で働ける場所もありますが日本ですと、現在の給料より下がることが多いです。
海外で転職先を見つけた場合も給料が下がるのは同じです。

しかし、一つだけ大きな違う点があります。

海外で働く場合、生活費も下がるということ。
製造業であれば、下手をすると海外と日本で同じ給料のからスタートすることがあります。
それは私が働いていた外資系企業も未経験での就職者は日本でも中国でもベトナムでも同じ金額でした。
理由として海外拠点の製造業では慢性的に人手不足になっていることが大きいです。

また慢性的に人手不足になっているということから
勘の良い人なら気づかれる人もいるかと思います。
そうです、慢性的に人手不足ということは長く働けるということです。

現在、20代や30代で転職を考えている人は
製造業への転職を考えられるのはいかがでしょうか。

*40代50代となると、未経験でも可能な求人案件が少なくなるので製造業へ転職するならば30代までだと思います。