歴史に見る中国との関係

中国による1000年の支配
中国が紀元前2世紀に紅河デルタを征服して以来、多くの入植者、官僚、学者たちが統治を強化するためにベトナムにやってきました。
地域の指導者の中には中国に対する不満を持つ者もあり、西暦40年には、チュン姉妹(ハイ バー チュン)が反乱を起こし、中国総督を逃亡に追い込み、チュン姉妹は独立したベトナムの女王になったことを宣言しました。西暦43年になると中国側は反乱鎮圧軍を派遣し、チュン姉妹は激戦の末に敗北し、ハットザン川に身を投げました。3世紀から6世紀にかけても中国の圧政、強制労働、搾取に対し、数多くの小規模な反乱がありましたが、すべてが鎮圧されました。
この時代、ベトナムは中国とインドの間の海運の重要な拠点港であり、中国は儒教、道教、大乗仏教を、インドは上座部仏教をベトナムにもたらしました。それらの信徒たちは信仰だけではなく、科学や医学の知識もベトナムに広げたので、ベトナムからも偉大な医者や植物学者、科学者が誕生しました。
初期のベトナム人は、中国から堤防の建設や灌漑工事などの多くを学びました。これらの技術革新によって、稲作が「命の糧」となり、今日に至ってもベトナムの生活基盤となっています。食糧の生産能力の増加に伴い、人口も増加したため、ベトナム人は新たな土地を求めるようになり、西側の険しいチュンソン山脈を避けて、南方へ向かいました。

中国からの解放
10世紀初めになると、中国の唐王朝が衰退したため、ベトナム人は長年の中国の支配から脱するために反乱を起こしました。938年に、愛国者で知られるゴー クエンが、バクダン河(白藤江)の戦いで中国軍を破り、1000年の中国統治を終結させました。しかし、これがベトナムと強大な北の隣国との最後の戦いとはなりませんでした。
11世紀から13世紀にかけて、リー タイ トーが創設した李王朝は盤石な統治によって独立が守られました。李王朝時代も中国やクメール王国、チャム王国がベトナムに侵攻してきましたが、すべて撃退されました。また、ベトナムは南方への進出を続け、着々とチャム王国の領土を統合していきました。
13世紀半ばになると、モンゴルのフビライ ハーンが中国を統一し、続いて、チャンパ王国に侵攻するという口実で、ベトナムに領土を横断する権利を要求してきました。これをベトナムが拒否すると、モンゴルは50万の軍勢でベトナムに侵攻してきました。ベトナムは、伝説の将軍チャン フン ダオがモンゴルに立ち向かい、バクダン河の戦いで後世に語り継がれる歴史的勝利をおさめました。

中国の復権
中国は15世紀初頭に再びベトナムの統治権を奪取し、ベトナムの公文書と知的財産を中国に持ち去ってしまったため、ベトナムは修復不能なレベルまで文明を喪失する事態に陥りました。1407年以降、中国はベトナムの国土をほぼ制圧し、重課税と強制労働を強要しました。この時代に、詩人のグエン チャイ(1380-1442)は次の言葉を残しました。
「東の海の水を使い果たしても、不快感を洗い流すことはできない。南の山脈の竹を使い果たしても、全ての罪を記録することはできない。」