フランスからの独立と第二次世界大戦

独立の願い
フランスの植民地時代を通じて、水面下でベトナム人の独立への思いが高まり、愛国主義的な定期刊行物の出版やフランスの駐屯兵の毒殺未遂など、表立った反抗が始まりました。
フエ王朝が愛国主義思想の中心であったため、フランスは皇帝を引退させ、1925年に仏国で勉強していたわずか12歳のバオ ダイに王位を継承させました。
反植民地活動の中では、土地の公平な配分を主張する共産主義が農民の不満や欲求を吸収し、拡大しました。
ベトナムの共産主義の歴史は、ホーチミンの政治活動の歴史であり、複雑に入り組んでいます。インドシナで最初のマルクス主義者グループは、1925年にホーチミンが中国 広東で設立したベトナム青年革命同志会であり、これが1930年2月のベトナム共産党設立に繋がりました。第二次世界大戦中の1941年にホーチミンはベトナム独立同盟会(通称ベトミン)を結成し、日本に抵抗しながら、広範な政治活動を行ないました。ベトミンは、国家主義活動でありながら、設立当初からホーチミンを代表する共産主義者たちによって組織されていましたが、ホーチミンは、実用主義であり、愛国心豊かな人民主義であったことから国家統一をする必要があると考えていました。

第二次世界大戦の勃発
1940年にフランスがナチスドイツに屈した際、親独のヴィシー政府についていたインドシナ連邦は日本軍のベトナムへの進駐を容認しましたが、日本軍はベトナムの統治をフランス植民地政府に任せたため、しばらくの間は日本の占領の影響はありませんでした。しかし、終戦に近づくと日本軍による米の接収が増え、同時に洪水と堤防崩壊に起因した飢饉が発生し、北ベトナムの1000万の人口のうち200万人が餓死しました。この頃ベトナムでフランスと日本に対峙できた組織は、米国からの支援を受けていたベトミンとホーチミンだけでした。ヨーロッパで戦況が進むに連れ、フランスも日本も敗戦国となったため、ベトミンはベトナムを勝ち取る機会を見出しました。