サイゴン(ホーチミン)

歴史
サイゴン(ホーチミン)はもともとカンボジアの王国の一部であり、17世紀までは、プレイノコールと呼ばれる小さな港町でした。多くの入植者が南に移住し、遂にベトナムに吸収され、グエン王朝の拠点となりました。
1859年にサイゴンはフランスに占領され、その数年後にコーチシナの首都となりました。1956年にベトナム共和国(南ベトナム)の首都になりましたが、1975年に北ベトナム軍の進軍に南ベトナムが敗れ、ハノイ政府によってホーチミン市に改名されました。
国勢調査では住民登録者が人口として数えられていますが、実際には住民の3分の1が不法居住者だと言われています。不法居住者の一部は、1975年以前にホーチミン市の住民でしたが、南北統一後に住民登録を地方の再教育キャンプに移された人々だと言われています。多くの人はこっそりと街に帰ってきたのですが、住民登録が無ければ財産や事業を持つことができません。
ホーチミン市は急激に成長しており、中心部から周辺の衛星都市まで、多くの高層ビルやホテル、華やかな店舗で賑わっています。交通量、公害、都市特有の問題も急増していますが、開放的な新世代が加わることで、ホーチミン市の混沌とした成長の中にグローバルで常識的な視点が芽生えることが期待できます。