ダナン

ダナン市は、約4,000年の歴史を持つベトナムでは比較的新しい都市で、その起源は14世紀初頭にベトナム中部の荒地にできた小さな村です。17世紀になると、その地域はヨーロッパやアジアの商人との取引港として定着しました。1858年になるとナポレオン3世のフランス帝政に併合され、トゥーランと改名されました。当時、トゥーランは規模と重要性が高まり、フランスの5つの主要なインドシナ都市の1つに数えられました。
1954年にフランス軍は東南アジア全土から撤退し、ベトナムの独立宣言によって、都市名をタイ フィエン市に変更されました。ベトナムが南北に分裂されると、ダナンは南ベトナム共和国の領土となり、1965年には東南アジアで初めての米軍の上陸拠点になりました。ダナンでは、ベトナム戦争を通じて激しい戦いが繰り広げられましたが、特に1968年のテト攻勢での激戦地でした。米軍の撤退後、1973年に北ベトナム軍に占領されるまで、南ベトナム軍がこの都市を守りました。